古書きとら『書斎日記』

幻想文学・銅版画・蔵書票・洋古書・初版本等を扱う古書肆『古書きとら』ブログ。
夢野久作『ユメノユモレスク』特装本、限定販売のご案内
0

    レイミア プレス刊 夢野久作『ユメノユモレスク』特装30部本、予約キャンセル分を版元にて限定販売致します。 

     

    夢野久作『ユメノユモレスク』特装30部本 限定販売

     

    『ユメノユモレスク』特装30部本(頒布数23部)

    レイミア プレス刊 Les fragments de M 製本

    オリジナルサイン入手彩色銅版画4葉綴込(アルフォンス・イノウエ、杉本一文、林由紀子、宮島亜紀)
    山羊革両袖平マーブル装 マーブルのスリップケース付


    ■販売数:3部

    ■頒布価格:165,000円(税込)
    ■受付開始日時:3月26日(日)20時より先着順にて受付。(開始時間前の応募は無効となります)

    ■申込方法:版元へのメールのみ(lamia_press@yahoo.co.jp )レイミア プレス 江副章之介

    ※ご購入の方は、5月20日(土)東京で開催の懇親会(4名の挿画作家、4名製本家など20名参加)にご参加頂けます。

     

    特装本は、フラグムによる瀟洒で贅沢で美しい仕上がりとなっています。この機会に是非ともお求め下さい。

     

    また、4月12日(水)〜23日(日)に大阪のワイアートギャラリーさんにて、夢野久作「ユメノユモレスク」特装版発刊記念展『幻想の書架を抱いて』が開催されます。オリジナル銅版画と未綴じ本を販売とのこと。是非足をお運び下さい。

    | - | 13:45 | comments(0) | - |
    藍峯舎第6弾 江戸川亂歩『奇譚』
    0
      猟奇耽異の文藝専門出版社『藍峯舎の第6弾が刊行されました。

      第6弾は、
      21歳の亂步が、ポー、ドイル、ルブランから押川春浪、黒岩涙香まで偏愛する作家とその作品を論じ、自らの思い描く理想の探偵小説への熱い思いを 綴った自筆の手製本『奇譚』です。限定250部記番入です。

      今回の藍峯舎版『奇譚』は、亂歩研究家中相作氏が完成させた「奇譚」全ページの翻刻を集大成し、原文の片仮名表記を読み易い平仮名に変換したうえで初めて単行本化しました。

      さらに立教大学が保存する原本の全ページを、今回の出版にあたり最新技術でデジタル化した高精細画像に、原文のままの片仮名表記による翻刻文を添えて完全収録したCD−ROM付の決定版とのことです。

      仕様は、角背布装三方銀、面取題簽貼り、貼函、CD二ツ折ケース、保護筒函という豪華な仕様です。
      黒と金を基調とした、珍奇で豪奢で美しい限定本に仕上がっています。

      『幻想と怪奇』は、版元他、『古書きとら』でも取り扱っております。この機会に是非ともお買い求め下さい。

      以下、書影を掲載致します。




















      | - | 23:10 | comments(0) | - |
      レイミア プレス『アルフォンス・イノウエ 蔵書票カタログ・レゾネ』特装30部本
      0
        レイミア プレス『 アルフォンス・イノウエ 蔵書票カタログ・レゾネ』特装30部本が届きました。

        アルフォンス・イノウエ氏が、1974年〜2013年に制作した蔵書票カタログレゾネの特装本です。
        30部制作し26部のみの一般頒布。レイミア プレス刊。

        仕様は、背コーネルカーフ革平マーブル装、スリップケース付(縁カーフ革)で、アルフォンス・イノウエ氏の手彩色サイン入オリジナル蔵書票が20葉綴込まれています。

        本体の背と角には黒の高級な仔牛革、平にはグリーンとゴールドの美しい手染めマーブル紙を使用。背題字金箔押。
        スリップケースは、ゴールドの特殊紙が貼られ、縁には本体と同じ黒の仔牛革が使われています。
        アルフォンス氏の手彩色オリジナル蔵書票は、全葉綴じ込みの保護紙付で、サイン・エディション入です。

        造本は、普及本と同じく水仁舎の北見氏。全て手作業による精巧な造本です。
        オリジナル蔵書票を20葉綴じ込んだ、北見氏の高い製本技術に驚かされます。

        アルフォンス・イノウエ氏関連の本の中でも最高傑作の一つと言える、豪奢で瀟洒な美しい本に仕上がったと思います。

        今の時代に、このように贅沢で高価な豪華本を制作されたレイミア プレスと水仁舎さんに、最上級の賛辞を贈りたいです。

        以下書影を掲載します。


        本体・スリップケース


        本体・スリップケース


        本体


        本体背題字の金箔押


        前見返しに製本者の名前(北見氏)を金箔押


        手彩色サイン入オリジナル蔵書票、保護紙付


        手彩色サイン入オリジナル蔵書票


        手彩色サイン入オリジナル蔵書票


        後書き直筆サイン入


        奥付
        | - | 01:07 | comments(0) | - |
        レイミア プレス『アルフォンス・イノウエ 蔵書票カタログ・レゾネ』普及本
        0
          レイミア プレスより『 アルフォンス・イノウエ 蔵書票カタログ・レゾネ』普及本が刊行されました。

          アルフォンス・イノウエ氏が、1974年〜2013年に制作した蔵書票のカタログレゾネです。1ページに1点の贅沢なレイアウトとなっています。

          普及本は、角背紙装幀50部本、丸背白色布装幀100部本、丸背灰色布装幀100部本、未綴じ40部本の計4種刊行。
          全種、後書きにアルフォンス・イノウエ氏の直筆サインが入っています。

          仕様は、角背紙装幀50部本は、角背上製本(ビニールカバー)、スリップケース付(箔押入)。
          丸背白色布装幀100部本・丸背灰色布装幀100部本は、丸背上製本背クロス装、スリップケース入(縁クロス)となっています。
          造本を担当された水仁舎の北見氏によると、角背本は、クロス(ベルギー製の大変高価なクロスとのこと)を使ってない分、ビニールカバー付で、スリップケースにも箔押しが入っているとのことです。

          未綴じ40部本はルリユール用で、未綴じのトンボ付の折丁と表紙のセットです。

          先日盛況の内に終了したギャラリーロイユ『 アルフォンス・イノウエ 蔵書票カタログ
          レゾネ』刊行記念個展でも、30部ほど普及本が販売されましたが、初日開場後1時間ほどで完売。整理券を配るほどの人気だったようです。アルフォンス氏も驚かれていました。

          当店サイトで、普及本3種(角背紙装幀本以外)を、2016年4月16日、22時より極少部数販売致します。最後の一般頒布になるかと思います。極僅かな部数になりますが、是非お求め下さい。なお、予約は不可で先着順となります。

          以下書影を掲載します。



          角背紙装幀50部本


          角背紙装幀50部本


          丸背白色布装幀100部本


          丸背白色布装幀100部本


          丸背白色布装幀100部本


          丸背灰色布装幀100部本


          丸背灰色布装幀100部本


          本文


          本文


          未綴じ40部本


          未綴じ40部本


          未綴じ40部本


          未綴じ40部本


          後書き直筆サイン入


          奥付
          | - | 22:05 | comments(0) | - |
          藍峯舎第5弾 江戸川亂歩自選短編集『幻想と怪奇』坂東壯一挿画
          0
            藍峯舎の第5弾が刊行されました。

            第5弾は、昭和12年(1937)に、萩原朔太郎の『猫町』『定本青猫』など美しい版画本や詩画集の出版で知られる伝説のプライベートプレス『版画荘』から出された自選短編集『幻想と怪奇』です。

            今回の藍峯舎版『幻想と怪奇』は、坂東壯一氏の新作銅版画挿画が6葉入で、亂步が選び抜いた自作の短編ひとつに一枚ずつ版画を入れるという、版画荘のオリジナル版では果たせなかった亂歩の夢を実現しています。

            また、テキストは、『版画荘』の本文に準拠し、当時のままの旧字旧かな表記となっています。

            今回の『幻想と怪奇』は、限定200部で、上製本を175部と特装本を25部刊行。

            特装本は、坂東壯一オリジナル手彩色銅版画6葉綴込、表紙総革(濃紺色染山羊革) 三方金 二重貼函 保護筒函入。
            上製本は、 表紙背革(黒色染牛革)別丁挿画6点は高精細印刷(二色刷)​天金 二重貼函、保護筒函入という豪奢な造本です。

            今回刊行されたのは上製本で、赤と黒と金を基調とした、珍奇で豪奢で美しい本に仕上がっています。

            特装本は二重貼函の制作に時間を要しているようで、少し遅れて2016年1月8日刊行予定となっております。こちらも大変楽しみですね。

            『幻想と怪奇』は、版元他、『古書きとら』でも取り扱っております。この機会に是非ともお買い求め下さい。

            以下、上製本の書影を掲載致します。























             
            | - | 21:22 | comments(0) | - |